通帳・カードの管理等についてお客様へのご注意とお願い

 ご利用中のお通帳が盗難されたりお届けのご印鑑が偽造されるなどして、預金が不正に払出しされたり、巧妙な手口による「振込め詐欺」などの事件が発生しています。
 また、 最近ではキャッシュカードの磁気データを不正にコピーするなどした偽造キャッシュカードによる不正な預金等の引き出しや、お客様のパソコンからパスワードを不正に取得することでお客様の預金口座から身に覚えのない振込がなされる等の悪質な犯罪についての報道がされております。
 誠に恐縮ですが、お客様におかれましては、各種報道等にご留意いただき、そうした被害に遭われぬよう十分にご注意ください。

お通帳・ご印鑑・キャッシュカードを取扱う上でのご注意事項

  • お通帳とご印鑑はもちろんのこと、キャッシュカードやご本人であることを示す各種の重要資料(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)につきましても、別々にかつ厳重に保管されるなど、空き巣や車上荒らしなど万一の場合に備えた日頃からの防犯対策が重要です。
  • キャッシュカードを財布に入れたまま自動車の中に放置したり、不特定の方が使われるロッカーに保管したりすることは大変危険です。外出時には、キャッシュカードを手元から離さないようご注意ください。
  • 暗証番号に「生年月日」「電話番号」「自宅の番地」「車のナンバー」「4桁同一数字」など、第三者に推測されやすいもののご使用はお避け下さい。万一、第三者に推測されやすい番号を登録されている場合は、すみやかにご変更くださいますようお願い致します。また、定期的に変更されることをお勧めいたします。
  • 特定の方が使用する貴重品ボックスや携帯電話など「金融機関」のお取引き以外で暗証番号を使用した場合、その暗証番号がキャッシュカードの暗証番号と同一であったために預金を引き出された事件が発生しています。キャッシュカードの暗証番号はキャッシュカードのみにご利用いただくことをお勧めします。

    暗証番号の変更
    キャッシュカードの暗証番号は、ろうきんのATMから簡単に変更できます。
    詳しくは、お近くのろうきん本支店にご照会ください。

  • 預金の引出しの際に、暗証番号を後ろから盗み見られたり、他人に知られたりしないようご注意ください。
  • ATMご利用時の「ご利用明細票(レシート)」は、必ずお持ち帰りください。
  • ろうきんの職員や警察官などが店舗外や電話などで暗証番号をお尋ねすることはありません。不審な場合には、直ちにお取引きのろうきんへご照会ください。
  • お通帳、ご印鑑、キャッシュカードが盗難などの被害にあわれた、又は紛失をされた場合は、直ちにお取引きのろうきんにご連絡ください。お通帳のみの紛失でご印鑑は手元にある場合であっても、印影から印鑑が偽造されるおそれがありますので、必ずお届けください。尚、盗難などの被害にあわれた場合は、警察への届出も合わせて必要となりますのでご注意ください。

不正な振込請求について

  • 身内を装った詐欺や架空請求、メール詐欺などにより振込を要求する、いわゆる「振込め詐欺」やヤミ金融業者などが預金口座を不正に利用して違法な取り立てなどを行う事件が多発し、大きな社会問題となっています。不審に思われるような場合には、最寄の警察、財務局、都道府県の相談窓口などにご相談ください。
  • ヤミ金融業者などによる法外・強引な返済請求や、身に覚えのない請求があった場合には、安易に振込などを行わないようご注意ください。

「スパイウェア」による不正取引について

  • 最近、スパイウエア(*1)等を使って、お客さまのパソコンからインターネットバンキングのパスワード等を不正に取得し、お客さまの口座から心当たりのない振込みがされるという悪質な事件が報道されております。
    <被害に遭わないために>
    心当たりのないEメールやファイルを不用意に開いたり、安易にフリーソフトをダウンロードしたり、不審なWebサイトへアクセスしたりしないようにご注意ください。
    スパイウエア対応のセキュリティ対策ソフト等のご利用をお勧めいたします。
    ※スパイウエアの詳細や対策方法は、専門のサイト等でご確認ください。
    図書館やインターネットカフェ等の不特定多数の人が利用できる場所に設置されているパソコンを使ってのお取引は、差し控えていただくことをお勧めいたします。
    ろうきんのインターネットバンキングでは、ログイン時に前回のログイン時刻が表示されます。不審なログイン時刻表示がないか、都度ご確認いただくことをお勧めいたします。
    ろうきんのインターネットバンキングでは1日あたりの振込金額を1万円単位で任意の金額に設定することができます。振込限度額の見直しをお勧めいたします。
    万一、不審な取引等をご確認された場合は、お取引されている労働金庫へお問合せください。
    (*1) スパイウエアとは、インターネットやメールを介してパソコンに侵入し、そのパソコンに保存されている個人情報や入力したキーワード等をお客さまが気づかないうちに収集し、インターネット経由で第三者に転送してしまうプログラムのことです。

金融機関等を装う電子メール詐欺にご注意下さい!

  • 労働金庫におきましては、電子メールにて暗証番号などを照会するようなことはいたしておりませんので、電子メールで暗証番号などの重要情報の回答はなさらないようにご注意ください。万一、不審な電子メール等を受信された場合は、お取引されている労働金庫へお問合せください。
    最近、金融機関などを装った電子メールのリンクから受信者を偽サイトに誘導し、そこで住所、氏名、銀行口座番号等の個人情報を不正に取得する事件(フィッシング詐欺)が発生しています。
    また、セキュリティのためと称して金融機関を装った電子メールを配信し、インターネットバンキングのパスワードや暗証番号などの重要情報を返信させることにより、個人情報を不正に取得しようとする手口も報道されています。
    これらにより、口座からの不正な払い戻しや不正な利用等が行われるおそれがありますので、心当たりのない電子メールのリンク先ウェブサイトへは、暗証番号などの重要情報を入力なさらないようご注意ください。

ご協力のお願い

  • 口座の新規開設などのお取引きの際に、法律により定められたご本人の確認をさせていただいておりますが、盗難通帳や偽造印鑑などによる預金の不正な払出しや口座の不正利用を防止するため、預金のお支払時などに改めてご本人の確認をさせていただくことや、口座のご利用目的などをお伺いすることがございますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
  • 第三者による口座の利用は預金規程によって禁止されており、口座を売ることや貸すことは出来ません。預金規程に違反する場合には、口座のご利用を停止させていただいたり、解約させていただく場合もございますのでご注意ください。

偽造キャッシュカード被害の補償について

 偽造キャッシュカードで不正に現金を引き出される被害に遭われたお客様に対して、弊庫においてお客様に責任がないと判断した場合に、被害の全額を補償させていただくこととしています。
 これまでも弊庫ではお客様に安心してキャッシュカードをご利用いただけるよう、諸施策に取り組んでまいりましたが、今後もATMでの異常な引出しを検知するシステムや、お引出し限度額をお客様のご希望に応じて店頭あるいはATMにて個別に設定できるシステムの導入、ICカード及び生体認証カードの導入の検討など、偽造キャッシュカード被害対策に引続き取り組んで参ります。