女性活躍推進法に基づく第2期行動計画

 女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間
2019年4月1日~2022年3月31日
2.当庫の課題
管理職のワーク・ライフ・バランスを向上させること。
(所定外労働時間の削減、年次有給休暇の取得日数を増やすこと)
3.目標
管理職に占める女性割合を30%以上にする。
4.取組内容

上記3の目標を達成するため当庫は、女性職員のキャリアアップに向けて意識付けを図り、管理職に対してワーク・ライフ・バランスの意識を啓発するため下記の取組みを行います。

取組1 女性職員のキャリアアップを目的とした取組み。

●女性職員を対象としたキャリア意識の醸成を図るためキャリアアップセミナーを検討。

取組2 管理職に対してワーク・ライフ・バランスの意識を啓発する。

●管理職の時間外勤務の状況について調査し、平均総労働時間を削減する。
●部署毎に月2回の「ノー残業デー」を設定し、所定外労働時間の削減を図る。
●年次有給休暇の取得日数を一人あたり平均10日以上とするよう取組む。

以上

管理職 合計 145人(うち女性37人) 25.5%

※2019年3月末時点