第4期一般事業主行動計画

 職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間

    2015年4月1日から2018年3月31日までの3年間

  2. 具体的内容
    目標1 計画期間中に以下のとおり育児休業の取得を図る。
    男性職員・・・育児休業取得者を1名以上とする。
    女性職員・・・取得率90%以上とする。
    <対策>
    ■2015年5月より

    事務連絡や労組機関紙等で制度を周知し、取得促進を図る。

    目標2

    配偶者出産休暇の取得促進を図り、取得率70%以上とする。

    <対策>
    ■2015年5月より

    事務連絡や労組機関紙等で休暇を周知し、取得促進を図る。

    目標3

    ワークライフバランスのとれた働き方の実現に向けて、平均総労働時間を削減する。

    <対策>
    ■2015年4月

    月2回の「ノー残業デー」を設定し、所定外労働時間の削減を図る。

    ■2015年度より

    年次有給休暇の取得日数を一人あたり平均年間10日以上とするよう取組む。

    ■2015年5月より

    労使で実施・取得状況の調査・点検を行い、定着化を図る。

    目標4

    「子の看護休暇」ならびに「介護休暇」の周知と取得促進を行う。

    <対策>
    ■2015年5月より

    事務連絡や労組機関紙等で休暇を周知し、取得促進を図る。

    目標5

    育児休職者等が職場復帰しやすい環境の整備を行う。

    <対策>
    ■2015年4月より

    休職者に対して各種情報提供や通信教育等の斡旋を行う。

以上