重要なお知らせ

2018年1月から取扱開始の預貯金口座へのマイナンバー付番に係る
法人番号のお届出についてのお願い

会員各位

北陸労働金庫

 2016年1月1日からのマイナンバー制度開始以降、投資信託・債券(公共債)などの証券取引、定期預金・通知預金等の口座開設や出資金のお取引等、法人番号のご提示が必要な取引のほか、ろうきんでは、すべての法人・団体のお客さまに法人番号のお届出をお願いしております。
 2018年1月からは預貯金口座へのマイナンバー付番が開始されるため、新たに口座開設をする場合も、既に口座をお持ちの場合も、マイナンバーの届出にご協力をお願いいたします。(既に法人番号をお届出いただいている場合は、改めてのお届出が不要な場合もあります。)

  • 国税通則法等の定めにもとづき、金融機関には、預貯金口座を個人番号・法人番号と紐付けて管理する義務が課せられています。このため、お客さまに対し、法人番号の届出のご協力をお願いしております。
  • お届出いただいた法人番号は、金融機関が万一破たんしたときに預貯金の円滑な払い戻しを行うために利用したり、これまでも行われてきた行政機関などの税務調査や生活保護などの資力調査への回答を行うためなどに利用されます。
法人番号の届出に必要な書類

法人番号のお届出にあたっては、以下の確認書類のご提示をお願いいたします。

(*1)発効から6ヵ月以内のものであれば、法人確認書類は不要です。

(*2)主なものとしては、登記事項証明書、印鑑証明書(いずれも発行後6ヵ月以内のもの)などが該当します。

以上

重要なお知らせ