重要なお知らせ

2018年1月から取扱開始の預貯金口座へのマイナンバー付番に係る
個人番号のお届出についてのお願い

お客さま各位

北陸労働金庫

 2016年1月1日からのマイナンバー制度開始以降、投資信託・債券(公共債)等の口座開設やマル優・マル特の適用を受ける場合には、個人番号(マイナンバー)のお届出をお願いしております。
 2018年1月からは預貯金口座へのマイナンバー付番が開始されるため、新たに口座開設をする場合も、既に口座をお持ちの場合も、マイナンバーの届出にご協力をお願いいたします。(既にマイナンバーをお届出いただいている場合には、改めてマイナンバーを届出ていただく必要がない場合もあります。)

  • 国税通則法等の定めにもとづき、金融機関には、預貯金口座をマイナンバーと紐付けて管理する義務が課せられています。このため、お客さまに対し、マイナンバーの届出のご協力をお願いしています。
  • 投資信託等のお取引でマイナンバーを届出ていただいていれば、個人情報保護法の定めにもとづいてマイナンバーの利用目的の変更を行ったうえで、別の取引にマイナンバーを利用することがあります。
  • お届出いただいたマイナンバーは、金融機関が万一破たんしたときに預貯金の円滑な払い戻しを行うために利用したり、これまでも行われてきた行政機関などの税務調査や生活保護などの資力調査への回答を行うためなどに利用されます。
個人番号(マイナンバー)の届出に必要な書類

個人番号(マイナンバー)のお届出にあたっては、以下の確認書類のご提示をお願いいたします。

※1顔写真付きのもの(運転免許証、パスポートや在留カードなど)であれば1点、
顔写真なしのもの(健康保険証、住民票や年金手帳など)であれば2点

※マイナンバー制度運用開始前(2015年12月31日)から投信・公共債等の証券取引を利用しているお客さまへは、金融機関から税務署に提出する支払調書等の法定調書にマイナンバーを記載する必要があるため、2018年12月末までにマイナンバーの届出をお願いしております。対象のお客さまで届出をいただけていない場合には、2018年12月末までのマイナンバーの届出についてご協力をお願いいたします。

以上

重要なお知らせ